sanyo のすべての投稿

AutoCADLT 2014座標での移動

AutoCAD2004の時代に

 

オブジェクトをある座標位置(0,0原点)まで移動させる場合には

move(移動)→基点を指定→0,0

と入力すれば移動したのですが

新しいCADになって同じように入力しても

0,0に移動してくれません。

 

その理由が・・・・

初期設定では入力した座標が相対座標になっているから!!!

でした。なので”0,0”と入力しても全く移動しないということです。

相対座標から絶対座標に変更するには

ダイナミック入力設定画面の設定をクリックして

座標1

ポインタの入力設定で絶対座標を選択してOK

座標2

これでAutoCAD2004のように希望する座標位置に

移動やコピーなどができるはずです!

 

 

DraftSightでのグループ選択と単体選択

AutoCADLTでグループ化した図形を選択した際に

グループでの選択と単体での選択の切り替えに

Ctrl+HでPickstyleの変数変更ができましたが

DraftSightではCtrl+Hというショートカットコマンドが存在せず

標準だとグループ選択になってしまい、中のテキストを編集したいときなど

単体の選択ができない状態となっています。

DraftSightではPickstyleというコマンドを入力するとSETENTSELMODEというコマンドに変換されます。

”1”がグループ選択、”0”が単体選択となります

 

このコマンドをショートカットキーに割り当てなどし、簡単に切り替えできるようにするとAutoCADと同様に作業を行うことができると思います。

AutoCADLT2014以降の文字編集

AutoCADLT2014 2015 2016 2017

文字を編集する際に 現在はインプレス編集になっていますが
2004を使用していた方には慣れず、いままでのように
ダイアログボックスが出て編集のほうがいいという場合には


システム変数【DTEXTED】を1 に変更してください


 文字をダブルクリックすると以前のようにボックスが出て編集ができます。

AutoCADLT2013以降の設定(ダイナミック入力)

既存のポリライン上で”1000”いったところにラインを引くといったような場合に

まず基点を指定し

ダイナミック入力001






近接点スナップを効かせた状態で”1000”と入力

ダイナミック入力002





 
すると、線上には乗らずずれてしまう。

ダイナミック入力003



 


これを解決するには

スナップ設定をクリック

ダイナミック入力004






ダイナミック入力タブをクリック

可能な場合は寸法の入力を使用チェックボックスをはずす

ダイナミック入力




 


OKを押して再度確認してみてください。

近接点でもポリライン上にラインがひけるはずです。

By Y.N