カテゴリー別アーカイブ: ブログ

各々、挨拶・雑記・近況・PC技 等々

DraftSightでのグループ選択と単体選択

AutoCADLTでグループ化した図形を選択した際に

グループでの選択と単体での選択の切り替えに

Ctrl+HでPickstyleの変数変更ができましたが

DraftSightではCtrl+Hというショートカットコマンドが存在せず

標準だとグループ選択になってしまい、中のテキストを編集したいときなど

単体の選択ができない状態となっています。

DraftSightではPickstyleというコマンドを入力するとSETENTSELMODEというコマンドに変換されます。

”1”がグループ選択、”0”が単体選択となります

 

このコマンドをショートカットキーに割り当てなどし、簡単に切り替えできるようにするとAutoCADと同様に作業を行うことができると思います。

AutoCADLT2014以降の文字編集

AutoCADLT2014 2015 2016 2017

文字を編集する際に 現在はインプレス編集になっていますが
2004を使用していた方には慣れず、いままでのように
ダイアログボックスが出て編集のほうがいいという場合には


システム変数【DTEXTED】を1 に変更してください


 文字をダブルクリックすると以前のようにボックスが出て編集ができます。

AutoCADLT2013以降の設定(ダイナミック入力)

既存のポリライン上で”1000”いったところにラインを引くといったような場合に

まず基点を指定し

ダイナミック入力001






近接点スナップを効かせた状態で”1000”と入力

ダイナミック入力002





 
すると、線上には乗らずずれてしまう。

ダイナミック入力003



 


これを解決するには

スナップ設定をクリック

ダイナミック入力004






ダイナミック入力タブをクリック

可能な場合は寸法の入力を使用チェックボックスをはずす

ダイナミック入力




 


OKを押して再度確認してみてください。

近接点でもポリライン上にラインがひけるはずです。

By Y.N

AutoCADLT2015 2016の 起動が遅い!!

いままでAutoCAD2004をサクサク使っていたのですが
Windows 7以降、64bitのPCが出てからAutoCAD2004が
使えなくなり新しいAutoCADを導入したのですが

なんだか、機能がたくさんついたからなのか、ソフトを起動してから
立ち上がるまで遅い!遅い!

なので調べました。


まず、起動すると 
「新しいタブ」機能が起動するんだけど、これのせいでまず起動が遅いらしい
スタート





この「新しいタブ」を表示させずに初めから新規図面を開く方法は

1.AutoCADLT2015を起動する
2. 図面を開始をクリックして新規図面を開く
3.コマンドに  NEWTABMODE と入力し 値に 0 を入力しエンター
4.コマンドに  STARTUP と入力し 値に 0 を入力しエンター
5.AutoCADLT2015を再起動する

すると、以前のように起動すると新規図面が開く状態になります。 


ちなみにAutoCADLT2016だとコマンドがすこし変わっていて

1.AutoCADLT2016を起動する
2. 図面を開始をクリックして新規図面を開く
3.コマンドに  STARTMODE と入力し 値に 0 を入力しエンター
4.コマンドに  STARTUP と入力し 値に 0 を入力しエンター
5.AutoCADLT2016を再起動する

これで2016も起動が早くなります!

試してみてください!!

技術者の独り言

先日、母校である大学の、学部同窓会に参加してきました。

 私の、出身ゼミの担当教授は残念ながら、来場していませんでしたが、他にも退職された先生方が、お見えになられて、元気そうな様子でした。お話される姿や仕草を見て、とてもなつかしく思いました。

 気がつけば、卒業をして早、20年が経ちます。

 社会人になった頃、20歳ぐらい上の先輩方は、とても立派に見えました。

 自分はどうでしょうか?とても疑問です・・・。

 『土木は人なり。』と、大学時代に先生方から教えられました。

 そのころは、まったく意味が、理解出来ていませんでしたが、今は大分理解ができます。・・・と思います。

 仕事の面でも、先輩方の手を借りながら、先導して行かなくてはならない年齢になりました。

 この業界に入ってきた若手技術者に、少しでも、土木の楽しさを伝えられたらと、思っています。

 『けど、伝えることって、ほんと難しいなぁ~・・・。』

 技術者の独り言でした。

by S